キャンプ用品の寝袋

キャンプ用品の寝袋はシュラフともいいますが、寝袋には頭部まですっぽり覆う形で保温性と収納性が高いマミー(人形型)とゆったりと寝られるレクタングラー型(封筒型)があります。

マミー型(人形型)寝袋は収納性に優れていますから、キャンプでも荷物をコンパクトにする必要がある登山やツーリングで使用されます。
この寝袋は頭部まですっぽりと覆ってしまいますから、寝ている時に肩口から外気が入りませんし保温性にも優れています。

ただし、そのために胴や脚の部分が体の腺に合った作りですから、やや窮屈な感じがするでしょう。

そこへいくとレクタングラー型(封筒型)寝袋は保温性を気にしなくてもすむ真夏のキャンプならば寒くはありませんし、作りがゆったりしていて寝心地も悪くはありません。

ただし、コンパクトではありませんから自動車の使うオートキャンプやファミリーキャンプで使用されています。

それから、キャンプ用の寝袋は夏用、3シーズン(春、夏、秋)用、厳冬期用の3種類に分けられています。それぞれの寝袋で安眠出来る温度を寝袋メーカーが公表していますから、それを参考にして選んでください。

これらの寝袋の中綿にはダウンや化学繊維が使われています。勿論ダウン100%のものが暖かくて収納性も良いのですが、ダウンは劣化しやすいとか湿気に弱いなどの欠点があります。
  
そして、寝袋に湿気は大敵ですから使用後は必ず干すようにして湿気を取ってから収納してください。キャンプ地に到着したら早めに寝袋を広げておくと湿気がとれて弾力も回復しますから気持ちよく眠れるでしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。