キャンプ用品のエアマット

キャンプ用品のエアマットは寝るときに必要になります。エアマットはテントの中でシュラフの下に敷いて使用します。したがって絶対に必要というものでもありませんがこれがあれば便利になります。

どうしてエアマットがあれば便利かと言いますと、夏場でもキャンプ場は夜間や朝方はかなり冷えます。そして、テントの下がすぐ地面だったりする場合は地面の冷たさが直接伝わってきますから寒くてとても寝られません。

そして、平らな芝生の上ならともかく、石がごつごつした上では寝ていられませんね。でもこのエアーマットがあればクッションの役割もしてくれますし、寒さよけにもなるのです。

このようなことからエアマットは出来ればあるにこしたことはないのです。快適な眠りをしたいのであればエアマットを携行することをお勧めする次第です。

ここで、エアマットについていくつかの注意点を申しますと、まずエアマットに空気を注入すするのには時間がかかります。足踏み式のポンプでの空気の注入でも20分以上は延々と踏み続けなければなりません。ですからエアマットを2つも使う場合は相当の重労働を覚悟してくださいね。

そして、そのような時にあるのが自動車のシガーライターを電源に使うエアーポンプです。テントを設営する時に自動車のエンジンを回しっぱなしにしてこのエアーポンプでエアーマットに空気を注入します。

この方法ですとテントの設営が完了するのと同時に一つができあがるような按配です。それから小さい子どもがいる家族はエアマットには注意してください。子どもが喜んでエアマットの上で跳びはねると穴がいてしまいますよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。