キャンプ用品のストーブ

キャンプ用品のストーブはコンロとも言いますが、キャンプでは欠かすことが出来ない熱源です。ストーブはそれに使用する燃料によって、ガスストーブとガソリンストーブに分けることができます。

これはまた使う用途により分けることができますが、バーナー部が1つのシングルバーナーストーブは登山やツーリングなど、ソロキャンプに向いています。そして、バーナー部が2つあるツーバーナーストーブは主にファミリーキャンプでの使用に便利でしょう。

ガスストーブはバーナー部をガスボンベに接続するだけで使用できますし、着火装置付きのものが多く市販されていて、使い方も家庭用のカセットガスコンロとほぼ同じですから、初心者でも扱いやすいストーブです。

そして、ガスストーブはバーナー部が燃料のガスボンベと分離できますから、コンパクトに収納出来ますし、一つのガスボンベをストーブとランタンとで兼用して使うことが出来ます。

ガソリンストーブはホワイトガソリンを燃料とするストーブで、点火前に、燃料を注入してポンピング(加圧)やプレヒート(予熱)という作業が必要になりますし、着火装置もほとんどの場合付いていません。

ですから、取り扱いはガスストーブに比べるとやや面倒なのですが、燃料代はガスよりも安いので長期のキャンプや、頻繁にキャンプを行う人向きでしょう。

注意したのはガソリンストーブの燃料はホワイトガソリンで、自動車用のガソリンではありません。自動車用のガソリンで使用するとジェネレーターが目詰まりを起こしてしまいます。なお、その他ではアルコールや、ケロシン(灯油)を燃料にするストーブもあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184389432
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。